AV女優になると病気にならないのか

AV女優になると病気になるリスクはないのでしょうか?よく寄せられる質問の一つです。

出演形態によってはリスクがありますが、プロダクション側で極力、病気にならないような工夫を行っております。このページではAV女優になるとリスクのある病気、当事務所で行っている対策、個人でできる対策方法について紹介します。

 

AV女優にあるとリスクのある病気

まずAV女優がなる病気のリスクとして、性病やエイズ、精神病などがあります。もちろん仕事の形態によってリスクは異なります。

 

性病

性病のリスクは、AVの業務全般に伴うリスクです。特に本番行為や避妊具を使用しないお仕事にこのようなリスクがあります。また本番行為に限らず、口を使うお仕事にもそのようなリスクがあります。

性病への対処法について詳しくはこちら

 

エイズ

エイズは本場行為に伴うリスクです。避妊具を使わない本番行為にそのようなリスクが高く、中でもアナルプレイにはリスクが高くなります。

エイズへの対処法について詳しくはこちら

 

精神病

AV女優は体を張ったお仕事です。世間からのバッシングも強いため、心を病む女性は少なくありません。

精神病について詳しくはこちら

 

事務所側が行うAV女優の病気への対策

では病気へのリスクに対して当プロダクションが行う対策を紹介します。

出演者全員への性病検査

まず出演者全員へ性病検査が行われます。お相手する男性が性病検査が行われない風俗と違い、女優さんだけでなく男優さんにも検査が行われるのが特徴です。

 

避妊具の着用

当プロダクションの仕事の多くは、基本的には避妊具を着用します。中には避妊具を使わない仕事もありますが、事前にお伝えしますし、使う仕事を選択することができます。

 

仕事の相談対応

また事前に不安な点がないか相談します。嫌な仕事を振らないように、また精神的な不安を少しでも抱えさせないようにするために、なるべく親身に対応します。

 

ワセリンや浣腸などの使用

またアナルプレイはエイズになる可能性が高いです。そのため穴の中を傷つけないようにするために、撮影前にワセリンや浣腸などをします。

 

AV女優自身ができる病気への対処法

AV女優自身が気をつけるべき点について紹介します。

安全な仕事だけを選択する

まず避妊具の着用、または本番行為のない仕事を選択することもできるので、病気のリスクの低い仕事だけを選択するようにすると良いでしょう。

 

規則正しい生活を心がけ、よく休む

免疫力が低下すると病気のリスクが高くなります。そのため撮影以外の時は規則正しい生活をしながら、よく休むようにしましょう。

更新日:

Copyright© HappyProduction , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.